「ぶどう」の魅力PRしてみます②〜ナガノパープル編〜
見出し画像

「ぶどう」の魅力PRしてみます②〜ナガノパープル編〜

長野県須坂市ふるさと納税(公式)

画像1

須坂市ふるさと納税の返礼品の主力となっている「ぶどう」。前回はシャインマスカットをご紹介しました。たくさんの方に記事を読んでいただきありがとうございます。今回は第2回目「ナガノパープル」をPRさせていただきたいと思います。

ナガノパープルは長野県須坂市で誕生しました

ナガノパープルは、巨峰とリザマート(※注1)を両親に、須坂市にある長野県果樹試験場で育成されたぶどうです。2004年には品種登録がされ、シャインマスカットと同等に扱われる高級ぶどうです。
2013年8月、日本野菜ソムリエ協会の「第15回野菜ソムリエ サミット:テーマ”ブドウ”」において、JAながのが食味評価部門で大賞を受賞しました。
※注1 品種登録時には「巨峰」と「ロザリオビアンコ」の交配組み合わせによる育成とされていましたが、花粉親が「リザマート」であることが明らかとなり、平成22年12月22日に長野県果樹試験場から公表されました。

ナガノパープルの特徴について

ナガノパープルは「種がなく、皮まで食べられる、大粒のぶどう」。また、ナガノパープルは黒系のぶどうでもあり、皮にはポリフェノールがたっぷり。ナガノパープル一房を食べると、赤ワイン1本分と同程度のレスベラトロール(ポリフェノールの一種)を摂取できるそうです。

画像2

シャインマスカット注目の裏で密かな大人気

味については、巨峰に勝るとも劣らない糖度ながら「さわやかな甘さ」が特徴です。シャインマスカットとほぼ同じ時期の収穫ですが、須坂市ふるさと納税で取り扱っているものだと9月10日頃から順次発送予定の予定です。

シャインマスカットもいいけど、ナガノパープルの方が好き!という寄附者さんも多くいらっしゃいます。なんとも言えないこの深い芳醇な味わいのナガノパープル。名前も「ナガノ」とつきます。長野県が誇るナガノパープル、特に誕生の地である長野県須坂市のナガノパープルをぜひ応援いただけたらすごく嬉しいです。

ふるさと納税返礼品でも取り扱い中

ナガノパープルはふるさと納税の寄附ポータルサイトで検索していただくと分かるように、シャインマスカットと比べると圧倒的に商品数が少ない状況となっています。須坂市も例年7月中には品切れとなってしまう大人気の返礼品。数は少ないですが、できるだけ大勢の人に味わっていただき、全国へその名前を広めたいです。

ナガノパープルを返礼品とする寄附は以下のサイトからお申込みをいただけます。単品での取扱いはだいぶ少なくなってきましたのでお早めに!

やっぱりシャインマスカットも食べたい!という方に組み合わせセットもご用意させていただいています。合わせてご検討ください。

ふるさとチョイス

楽天ふるさと納税

画像3

「ナガノパープル」については須坂市ホームページでも掲載しています。

須坂市ホームページ「ナガノパープル」をご存知ですか?

須坂市ではナガノパープル以外にも多くの品種のぶどうが生産されており、単体のものや組み合わせのものなど、多数の返礼品ラインナップをご用意し、皆様の信州須坂ふるさと応援寄附金を受付させていただいております。

この長野県須坂市が長野県有数の果物産地として多くの人に知っていただけますよう応援をよろしくお願いします。

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
嬉しいです!
長野県須坂市ふるさと納税(公式)
『フルーツ王国』長野県須坂市のふるさと納税公式アカウントです。寄附をご検討いただいている方への情報はもちろん、ふるさと納税をきっかけに須坂市のヒトコトモノを知ってもらい、須坂市の魅力をたくさん伝えていきます。Twitter も併せてぜひフォローをお願いします😊