長野県須坂市ふるさと納税(公式)

『フルーツ王国』長野県須坂市のふるさと納税公式アカウントです。寄附をご検討いただいている方への情報はもちろん、ふるさと納税をきっかけに須坂市のヒトコトモノを知ってもらい、須坂市の魅力をたくさん伝えていきます。Twitter も併せてぜひフォローをお願いします😊

長野県須坂市ふるさと納税(公式)

『フルーツ王国』長野県須坂市のふるさと納税公式アカウントです。寄附をご検討いただいている方への情報はもちろん、ふるさと納税をきっかけに須坂市のヒトコトモノを知ってもらい、須坂市の魅力をたくさん伝えていきます。Twitter も併せてぜひフォローをお願いします😊

マガジン

  • ふるさと納税のイロハ

    ふるさと納税の疑問や寄附のご検討に役立つ記事など、他クリエイターさんの記事も含め紹介しています。

  • 須坂市関係マガジン

    「#須坂市」や「須坂市」を含む記事を紹介しています。ヒト・モノ・コト何でも記事をマガジン追加させていただいています。須坂市の自慢やエピソードなどお知らせしたいです。

  • 『ガリュウ』~「須坂」人がリアルに伝える「須坂」の魅力~

    臥竜(ガリュウ)山のふもと須坂で生まれている様々な取り組み、人を紹介します。「須坂」にはこの地を盛り上げようと、次々と面白い取り組みを進めている人たちがいます。そのような人たちがリアルに伝える「須坂」の魅力をストーリー形式で紹介しています。

リンク

最近の記事

  • 固定された記事

寄附金税額控除に係る申告特例申請(ワンストップ特例申請書)についてのお話

ワンストップ特例申請って何?ワンストップ特例申請制度は、ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても寄付金控除が受けられる仕組みです。  「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入して、寄附自治体に送付するだけで住民税からの控除を受けることができます。 寄附金上限額内(※)で寄付したうち2,000円を差し引いた金額が住民税から全額控除してもらえます。(※寄附者様の所得により異なります。) 方法はワンストップ特例申請書を記入し、必要な証明書類(マイナンバーの分か

    • Q&A 【ワンストップ特例申請編】

      Q:ワンストップ特例申請って何ですか。 Q:ワンストップ特例申請書がほしいのですが。 Q:ワンストップ特例申請書を提出後に、氏名や住所等の記載事項に変更が生じた場合、どうしたらよいですか。 Q:市から送付された申請書に印字された情報(住所や氏名)に誤りがある場合はどうしたらよいですか。 Q:ワンストップ特例申請書を送った後に何か手続きは必要ですか。 Q:自分でダウンロードしたものを送りたいのですが、送付先を教えてください。 Q:ワンストップ申請を提出済ですが、確定

      • 【ふるさと納税担当が実演します!!】須坂市は紙提出不要の「完全オンライン」でのワンストップ特例申請が可能です!(手続き約5分)

        ワンストップ特例申請とはワンストップ特例申請制度は、ふるさと納税をした後に確定申告をしなくても寄付金控除が受けられる仕組みです。 「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」に必要事項を記入して、寄附自治体に送付するだけで住民税からの控除を受けることができます。 寄附金上限額内(※)で寄付したうち2,000円を差し引いた金額が住民税から全額控除してもらえます。(※寄附者様の所得により異なります。) 方法はワンストップ特例申請書を記入し、必要な証明書類(マイナンバーの分かる書類

        • 【締切間近!】絶滅危惧種「二ホンイヌワシ」の支援で《年内お届け》冷蔵シャインマスカットをお届け可能です(12月~1月お届け可)

          須坂市が現在実施している絶滅危惧種「二ホンイヌワシ」保全を目的とした獣舎建設のためのクラウドファンディングプロジェクト拡散のための応援企画です。 この時期、年末にご寄附を検討される方に向けたいわゆる「先行予約」の寄附受付が開始されます。ですが、次のぶどうの時期は来年(2023年)の秋。忘れた頃に届くのは嬉しいけれど、「寄附をしたらすぐに返礼品を送付してほしい。」、「この冬にもう一度シャインマスカットを味わいたい。」そんなご希望を叶えつつ、クラウドファンディングプロジェクトの応

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • ふるさと納税のイロハ
          長野県須坂市ふるさと納税(公式)
        • 須坂市関係マガジン
          長野県須坂市ふるさと納税(公式)
        • 『ガリュウ』~「須坂」人がリアルに伝える「須坂」の魅力~
          長野県須坂市ふるさと納税(公式)

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          絶滅危惧種「ニホンイヌワシ」の保全にどうか「ふるさと納税」を通じてお力をお貸しください!!

          須坂市動物園はお金をかけない手作りをモットーにしています。市の限られた財源の中、優先度の観点から動物園に予算を掛けることが難しい状況です。その中でも職員が試行錯誤を重ね、手作りイベントや看板等、常に創意工夫をしながら維持管理や運営をしています。 SNSによる情報発信にも力を入れ、そのフォロワー数はなんと、約5万8千!!須坂市動物園公式ツイッター等で、随時イベント情報なども発信しています。 「豪華」でなくてもいい。来園者が思わず笑顔になれることを心から願って。お金はかけずと

        • 日常から離れてリトリート。地域の資源をつないで、須坂ならではの新しい旅をつくりたい!

          テレワークが広まり、パソコンやスマホと向き合う時間が増えた今。日常から離れ、心や体をリフレッシュする「リトリート」が、新しい旅の形として注目を集めています。 信州つなぐラボの舞台は、須坂市。この須坂市は、リトリートの拠点として様々な可能性を秘めている場所なんです。 長野県北部に位置し、人口約5万人が暮らす自然豊かな須坂市。明治から昭和初期にかけて製糸業で栄え、当時をしのぶ蔵の町並みが残っています。また、フルーツの栽培が盛んで、初夏から秋にかけて様々なフルーツが実ります。

        • 雲の上に広がるオートキャンプ場。圧倒的なポテンシャルを秘めた高原の魅力を伝えたい!

          キャンプや登山など、アウトドアの人気が高まっている今。都市部に近く手軽に楽しめるキャンプ場やアクティビティもいいですが、あえて日常から遠く離れた場所で、大自然にどっぷり浸る体験をしてみませんか? 信州つなぐラボの舞台となるのは、須坂市の五味池破風高原自然園。須坂市の中心地から車で約50分のところにあり、オートキャンプやトレッキングを楽しむことができます。 標高1,600mから雄大な景色を一望できる絶好のロケーションでありながら、地元の人たちにもあまり知られていないような穴

          桃をむいてみたいと思います!

          みなさんの桃のむきかたは?? ふるさと納税でも多くの方からお申し込みをいただく返礼品の一つ「桃」。 皆さん、食べるまでの経過はどんな感じなのでしょうか。寄附者さんが送っていただく画像を見ていてふと気になったので、改めてふるさと納税担当がむいてみます。(笑)正しいむき方ではないのかもしれませんが、一番簡単なむき方だと思います。 まずは洗います。 簡単に表面の汚れをとります。桃はデリケートなので、力を入れないように優しくなでるように洗います。 皮をむきます。 皮はりんご

          大学生のインターンシップで「ふるさと納税」事務を体験いただきました!!

          ふるさと納税全般について学んでいただきました今回、インターンシップに来られた長野県立大学の学生さんは、「まちづくり」全般に関心をお持ちとのことで、須坂市の様々な職場を約1週間かけて体験いただくことになっています。「ふるさと納税」は「まちづくり」とはつながりがあまり無いと思われがちですが、「須坂市のファンづくり」につなげる視点、「シティプロモーション」、「特産品等を通じた市の魅力発信」という点では広い意味での「まちづくり」といえます。 市の総合計画では施策の一つとして「特色を生

          【須坂市内事業者の皆さんへ】「信州須坂ふるさと応援寄附金」(ふるさと納税)の返礼品(商品)を募集しています。

          市内の事業者様のご協力をいただきながら、市のまだまだ知られていない魅力や特産品を全国へPRしていきたいと思います。オール須坂での魅力PRに、ぜひとも事業者の皆さんのご協力をお願いします!! 信州須坂ふるさと応援寄附金(ふるさと納税)とは ふるさと納税は、寄附者の方が、各自治体の考え方や寄附金の使用目的などを見て、応援したい自治体を選び、寄附することができる制度です。 須坂市のふるさと納税は寄附受入件数・寄附受入金額ともに、ここ数年大きく伸びており、2021年度の寄附受入金

          〈8月5日まで〉『フルーツ王国』 &『蔵の町並み』の魅力を全国に発信したい!!長野県須坂市が挑戦するふるさと納税型「クラウドファンディング」

          はじめに 多くの皆様から信州須坂ふるさと応援寄附金としていただいている「ふるさと納税」。寄附件数と金額が年々増加となっています。 ●平成29年度(2017年度)   113,362,000円(7,144件) ●平成30年度(2018年度)   477,618,000円(38,016件) ●令和元年度(2019年度) 1,376,221,535円(100,890件) ●令和2年度(2020年度) 1,470,702,000円(108,607件) ●令和3年度(2021年度) 

          須坂市のふるさと納税のお申込みは様々な寄附ポータルサイトから可能です!

          ふるさと納税の申し込みができる寄附ポータルサイトを教えてほしいとのお問合せを時々いただきます。 須坂市で寄附申し込みが可能なサイトは以下となっています。寄附者様から人気のある寄附ポータルサイトはほぼ対応していますので、どうかごゆっくりご覧ください。 ①長野県須坂市ふるさと納税特設サイト こちらは特に須坂市おすすめのサイトです。ぜひ会員登録をしていただきまして、毎年継続して応援をいただけると嬉しいです。 こちらの寄附ポータルサイトからご寄附いただきました方には、毎月抽選のプ

        • 空き家を減らし、子どもの居場所をつくりたい。地域おこし協力隊を越えた挑戦の原動力とは<一般社団法人アキバコ 鎌倉美恵子さん>

          2020年に、地域おこし協力隊として、地縁も血縁もない須坂市にふたりのお子さんとともにJターンをした女性がいます。鎌倉美恵子(かまくら・みえこ)さんです。 地域おこし協力隊の「まちなかリノベーション」プロジェクトに所属し、須坂市内の空き家・空き店舗にまつわる相談や、新たに開業や出店したい人のサポートを一手に担っています。 さらに、2021年には一般社団法人アキバコを立ち上げ、協力隊の活動と並行して、空き家を利活用した「子どもの居場所づくり」にも精力的に取り組んでいるのだそ

        • 『古道具そらしま』の店主が語る、「これまで」と「これから」のこと<古道具そらしま 高島浩さん>

          2017年に長野市から須坂市に移転した『古道具そらしま』。 開店するのは毎月第一土曜日から次の金曜日まで、月7日間のみという営業形態ながら、市外からも多くの人が訪れる注目の店となっています。 この『古道具そらしま』の店主を務めるのが、高島浩さん。 古道具屋を営むだけではなく、須坂市内にある、かつての花街近くの小径を自らプロデュース。写真館と刺繍アトリエを併設したお店や、喫茶店、アンティーク・雑貨店などが軒を連ね、独特の世界観を醸し出す空間をつくっています。 そんなユニ

        • “みんなのサードプレイス”を目指して。大きく変わった満龍寺の5年間の歩みとこれから。<満龍寺 高津 研志さん・会さん>

          須坂駅から末広町通りをひたすらまっすぐ進んだ先、民家が集まる山沿いに、ひとつのお寺があります。1582年(天正10年)から続く曹洞宗のお寺・満龍寺です。 この満龍寺を運営する高津家には、26代目になる現住職のお父さんと、ドイツ人で自身も僧侶になったお母さん、そしてDJやプロダンサーとしての顔も持つふたりの息子たちがいます。 ご家族の情報だけでもかなり濃密ですが、実際にお寺を覗いてみると、さらに驚きや発見が。 お寺の中には至るところに雑貨や照明、アート作品などが設置され、

        • 地域と共生していくために。有機農業で体現していく持続可能な生き方<勝山めがね農園 勝山卓栄さん>

          環境意識や健康意識の高まりとともに注目されている有機農業。しかし、単に農薬や化学肥料を使わなければいいというわけではありません。 畑や田んぼに息づく虫や草などの様子を丁寧に観察し、生態系のバランスを整えていく、地道で、繊細な農法なのです。 そんな有機農業の世界に進むことを、中学生の頃から夢見ていた1人の農家が須坂にいます。その人の名は、勝山卓栄さん。 市内で「勝山めがね農園」を開き、キュウリやほうれん草などの野菜を育てています。 今回は、そんな勝山さんに有機農業の道に