マガジンのカバー画像

『ガリュウ』~「須坂」人がリアルに伝える「須坂」の魅力~

7
臥竜(ガリュウ)山のふもと須坂で生まれている様々な取り組み、人を紹介します。「須坂」にはこの地を盛り上げようと、次々と面白い取り組みを進めている人たちがいます。そのような人たちが…
運営しているクリエイター

記事一覧

日常から離れてリトリート。地域の資源をつないで、須坂ならではの新しい旅をつくりた…

テレワークが広まり、パソコンやスマホと向き合う時間が増えた今。日常から離れ、心や体をリフ…

雲の上に広がるオートキャンプ場。圧倒的なポテンシャルを秘めた高原の魅力を伝えたい…

キャンプや登山など、アウトドアの人気が高まっている今。都市部に近く手軽に楽しめるキャンプ…

空き家を減らし、子どもの居場所をつくりたい。地域おこし協力隊を越えた挑戦の原動力…

2020年に、地域おこし協力隊として、地縁も血縁もない須坂市にふたりのお子さんとともにJター…

ガリュウ
2年前
48

『古道具そらしま』の店主が語る、「これまで」と「これから」のこと<古道具そらしま…

2017年に長野市から須坂市に移転した『古道具そらしま』。 開店するのは毎月第一土曜日から次…

ガリュウ
2年前
292

“みんなのサードプレイス”を目指して。大きく変わった満龍寺の5年間の歩みとこれか…

須坂駅から末広町通りをひたすらまっすぐ進んだ先、民家が集まる山沿いに、ひとつのお寺があり…

ガリュウ
2年前
48

地域と共生していくために。有機農業で体現していく持続可能な生き方<勝山めがね農園…

環境意識や健康意識の高まりとともに注目されている有機農業。しかし、単に農薬や化学肥料を使…

ガリュウ
2年前
19

須坂に点在する魅力的な人を繋ぎながら、新たなカルチャーへの入口をつくりたい。<SUZAKA-ZINE 玉井佳さん>

昨年、須坂市ではたらくさまざまな人へのインタビューをまとめた、小さな冊子が誕生しました。その名も、『SUZAKA-ZINE 【須坂人】』。 「須坂の大人と仕事を知る冊子」として、中学1年生の子どもたちをターゲットにしているとのことですが、その内容は大人でも読み応えたっぷり。新たな須坂の一面に触れられる、魅力的な冊子に仕上がっています。 この『SUZAKA-ZINE』の制作をメインで担当したのが、長野市出身のデザイナー・玉井佳さん。2020年に東京からUターンをし、今では多